失敗しない豊胸手術やその術式について知ろう

豊胸の過去と今

豊胸手術の歴史を見てみよう

豊胸手術の歴史について見てみると、初めて豊胸手術が行われたのは1895年の事でしたが、当時の手術は失敗に終わりました。良性の脂肪腫を摘出して移植するという方法でしたが、バストの形が悪く、移植した脂肪も溶けてしまったのです。 その後も豊胸手術は行われましたが、ガラス玉や木くず、パラフィンなどが用いられましたが、衛生面で問題があり感染症を引き起こして乳房を切除する羽目になった例もありました。日本でも1950年頃から豊胸手術が盛んにおこなわれるようになりましたが、同様の問題が起きていました。 そして1963年に世界で初めてシリコンバッグが登場し人気となりますが、バッグが破裂したり、感染症の問題などがあり1992年に一度使用が禁止されるようになりました。 そうした試行錯誤が続き、現在では生理食塩バッグや脂肪注入、コヒーシブシリコンバッグなどの方法が用いられるようになりました。

より安全な方法が開発されてより一般的になるのでは

豊胸手術の歴史を見てみると、行われるようになった当初から感染症などの問題が発生し、常にリスクがありました。現在では様々な努力の積み重ねの結果、はじめて行われるようになった頃と比較すると豊胸手術は格段に進歩していると言えます。ただ、依然として問題も残されており、問題を解決する努力が続けられております。 豊胸手術は以前と比べると安全性は高まってはいますが、ある程度のリスクは現在でもあります。現状では課題も残されていますが、最近は技術の進歩が目覚ましいので、現在抱えている問題も次第に解消されていき、さらに安全に手術を行う事が出来るようになり、豊胸手術はより一般的になっていくのではないかと考えられます。