失敗しない豊胸手術やその術式について知ろう

人気のある施術

簡単に二重ができる埋没法とは

女性にとって、パッチリとした二重まぶたは憧れの対象です。逆に、一重まぶたはきつい印象を与え、見た目で損をすることも少なくありません。そのような悩みを解消する方法として、美容整形の二重施術があります。 二重の美容整形というと、どうしてもまぶたを切開しなければいけないイメージがあります。ですが、近年では医療技術が進み、切開しないで二重まぶたを作る方法が登場しています。それが、埋没法と呼ばれる美容整形です。この施術は、目のまぶたの裏側から医療用の糸で二重のラインを留めるという方法です。メスで切開しないので、まぶたの腫れや炎症も少なくなります。よって、あまりストレスもなく、気軽に施術を受けることができます。

埋没法の術後の経過について

埋没法は、二重のまぶたを作るのに効果的な美容整形です。埋没法の術後は、まぶたの腫れがごくわずかなレベルで生じます。ですが、この腫れは3日間ほどで気にならなくなります。なので、他の人が施術の箇所に違和感を感じることがないです。施術をしてから一か月が経てば、患部の腫れは完全にひきます。そして、一ヶ月を経過した頃から、どんどんナチュラルな二重まぶたになっていきます。 この埋没法の施術直後に気をつけなければいけないことは、患部をやたらと刺激しないことです。施術直後は、施術用の糸がまだ皮膚の中で安定した状態ではありません。よって、少しの刺激を与えるだけでも、糸がはずれてしまう可能性があります。なので、患部は触らないように気をつけることが大事です。